ダルビッシュ 義兄・山本KIDさんへの思い告白「愛するご家族はこれからも見守っていきます」

[ 2019年1月8日 22:54 ]

カブスのダルビッシュ(AP)
Photo By AP

 大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手(32)が8日放送の日本テレビ系「ザ!世界仰天ニューススペシャル」(火曜後7・00)に出演。義兄で昨年9月18日に急逝した格闘家の山本“KID”徳郁さん(享年41)への思いをテレビ初告白した。

 姉の美憂(44)や父・郁栄氏(73)ら家族への取材を元に、KIDさんの闘病生活、愛する家族への思いを特別VTRで放送した。

 病と戦い続けるKIDさんだったが、病状は深刻なものに。美憂が南の島でストレスなく生活するのがよいのではと提案。KIDさんも受け入れたが、飛行機にすら乗れる状態ではなかったという。その際にダルビッシュが医療設備が整ったチャーター機を用意。さらにKIDさんのグアムで過ごす家や車の準備をサポートした。

 妻でKIDさんの妹、聖子(38)さんとともにインタビューに応じたダルビッシュは、KIDさんに気を遣わせないために自身がサポートしていることは本人に告げなかったと明かし「最初に病気のことを聞いたときから(KIDさんが)1分1秒でも奥様とお子さんたちと一緒に時間を過ごしてもらえるというのが、自分の目標だったので、自分がサポートできるのはそこかなと」と振り返った。

 「自分の人生を削って誰しもが稼いでいると思う。お金を渡すのは自分の寿命を渡すのと同じ。ただ、お世話になったというだけだとそこまでできない。山本KIDさんという人が、それだけ価値のある人だったと思います」と自身の思いを述べた。

 「奥様と子どもたちに対して、自分たちがしっかりこれからも見守っていきますから心配しないでください」と天国のKIDさんにメッセージを送った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年1月8日のニュース