熱気ムンムン拳四朗&京口ハイレベルスパー 両者“再戦”誓う

[ 2018年12月14日 05:30 ]

京口(左)とパンチを打ち合う拳四朗(撮影・大塚 徹)  
Photo By スポニチ

 30日にV5戦を行うWBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(26=BMB)と、大みそかに2階級制覇を狙う前IBF世界ミニマム級王者・京口紘人(25=ワタナベ)が13日、東京・後楽園ホールで公開スパーリングを行った。

 ともに年末に世界戦を控える中でのスパーとあって、張り詰めた緊張感の中でハイレベルな攻防を披露した。今後は年末の試合に集中することになるが、京口は「勝ってビッグマッチをやらないかんと思います」と統一戦を熱望。拳四朗も「年末に2人で勝って来年にやれたら」と答え、統一戦での“再戦”を誓い合った。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2018年12月14日のニュース