ライオネス飛鳥 盟友・長与千種を称賛「さすがパートナー」ブル中野は「正義の味方貫いた」

[ 2018年11月20日 11:28 ]

元女子プロレスラー・タレントのライオネス飛鳥
Photo By スポニチ

 女子プロレスラーの長与千種(53)が19日に札幌市で夫婦ゲンカを仲裁して暴行を受けたことについて、元女子プロレスラーでタレントのライオネス飛鳥(55)ら盟友たちが20日、TBS「ビビット」(月〜金曜前8・00)にVTR出演。長与の勇気ある行動について語った。

 かつて長与と「クラッシュギャルズ」でコンビを組んだライオネス飛鳥は、仲裁に入る中で反撃を一切しなかった長与を「さすが自分のパートナーだなと思います。誇りに思います」と称えた。

 長与の先輩だったタレント・ジャガー横田(57)は「よくぞやったですね、さすが千種だね。本当に勇気ある行動で、すごく感動しました。あなたの勇気は世の中の人を力づけたと思いますので、その正義感を一生持っていてください。私も見習います」と今回の行動を絶賛した。

 かつて長与と抗争を繰り広げた「極悪同盟」のメンバーも称賛の声。ダンプ松本(58)は「やっぱ『助けて』って声を聞いたら助けに行きますよね。千種らしいですよね。許せないんでしょうね、血が騒ぐでしょうね」と笑顔。またヌンチャクを武器に暴れ回ったブル中野(50)は「私たち悪役は何をやってもOKだったけど、長与さんは正義の味方って感じでやってるんで、やらなかった(手を出さなかった)んだな。正義の味方をずっと貫いた」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「村田諒太」特集記事

2018年11月20日のニュース