京口紘人、ライトフライ級転級を発表 9・25初戦→大みそか世界戦視野「不安ない」

[ 2018年8月22日 13:34 ]

転級初戦へ闘志を燃やす前IBF世界ミニマム級王者・京口
Photo By スポニチ

 IBF世界ミニマム級王者を返上した京口紘人(24=ワタナベ)が22日、東京・五反田のジムで会見し、ライトフライ級に転級することを正式発表した。9月25日に後楽園ホールでチボ・モナベサ(28=インドネシア)とノンタイトル10回戦戦を行う。

 京口は5月にビンス・パラス(19=フィリピン)に人生初のダウンを奪われるなど苦しんだ末に判定で勝利し、2度目の防衛に成功したが、減量苦によるパフォーマンス低下を痛感。「自分のベストを出せる階級で試合をすることがファンのためにもなる」と1階級上げることを決断。7月末付けで王座を返上していた。

 モナベサは20戦18勝(8KO)無敗2分けのサウスポーで、WBA6位、WBO8位、WBC13位と3団体で世界ランキング入り。転級初戦から強豪を迎えるが、京口は「不安はない。これに完勝すれば評価も上がると思う。序盤で相手のボクシングをつぶして、中盤にKOできたら」と自信をみせた。

 1階級上げたことで練習の質が向上。「これまでは練習の目的の優先順位が減量だった」ものの、今まではセーブしていたダンベルシャドーやメディシンボールを使ってのトレーニングなどもできるようになり、パワーアップを実感している。

 渡辺均会長は「次の次に世界戦、が理想。できれば大みそかに」と青写真を描く。京口自身も団体にこだわりはなく、「チャンスがあればどこでも」と意欲満々。プロデビューから国内最速となる1年3カ月で世界王者となった京口が次の目標2階級制覇へ第1歩を踏み出す。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2018年8月22日のニュース