日大、客員教授の山根氏解任「大学として不適切と判断」

[ 2018年8月10日 12:27 ]

山根明氏
Photo By スポニチ

 日本ボクシング連盟の不正疑惑で会長を辞任した山根明氏が、日本大の客員教授を7日付で解任されたことが分かった。日大広報部が10日、明らかにした。

 山根氏は助成金の流用や過去の暴力団組長との交友関係を認めて批判を受け、8日に日本連盟の会長辞任を表明した。日大広報部は「大学として不適切と判断した」と説明した。

 山根氏は今年4月にスポーツ科学部の客員教授に就任していた。講義や講演などで教壇には立ったことはなく、給与は支払われていないという。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「村田諒太」特集記事

2018年8月10日のニュース