福原 地元での王座陥落に茫然自失「何も考えられない」

[ 2017年8月28日 05:30 ]

WBO世界ミニマム級タイトルマッチ12回戦   ○同級1位・山中竜也 判定3―0 王者・福原辰弥● ( 2017年8月27日    熊本・芦北町民総合センター )

<WBO世界ミニアム級タイトルマッチ>判定でジャッジを聞き喜ぶ山中(左)とガックリの福原(右)
Photo By スポニチ

 福原は約半年で王座を手放し「何も考えられない」と一点を見つめた。

 「絶対負けられなかった」と臨んだ地元・熊本での初防衛戦は、序盤から距離を取られ、左の強打を放っても頭を振ってかわす山中にカウンターで返されて最後まで打開策を見いだせなかった。

 今後について問われると「ゆっくり考えます」と明言は避けた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2017年8月28日のニュース