元4階級制覇王者コット 15カ月ぶりに復帰戦 相手は強打のサウスポー

[ 2016年12月8日 13:00 ]

サウル・アルバレス戦でパンチを出すミゲル・コット (AP)
Photo By AP

 プロボクシングの元4階級制覇王者ミゲール・コット(36=プエルトリコ)の復帰戦が来年2月25日(日本時間26日)に米国のテキサス州で行われることが決まった。スポーツ専門局のESPNが7日に報じた。

 気になる対戦相手はジェームス・カークランド(32=米国)。戦績は34戦32勝(28KO)2敗で、KO率は82%という強打のサウスポーだ。昨年5月にはサウル・アルバレスと対戦して3回KO負けを喫している。

 WBCのミドル級王者だったコットは昨年11月にそのアルバレスと対戦。タイトル承認料の支払いを拒否したため、ノンタイトル戦となったこの試合にコットは判定で敗れた。カークランド戦は15カ月ぶりのリング復帰。スーパーウエルター級12回戦として行われる予定だという。コット・プロモーションズの幹部は「1年以上の休養期間はミゲルにとってプラスに働くと思う。再び戦う準備はできているよ」と自信を見せていた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2016年12月8日のニュース