現役続行を決断!長谷川穂積 12・11に再起2戦目へ

[ 2015年10月3日 05:30 ]

記者会見する元世界2階級王者の長谷川穂積

 進退を保留していた元WBC世界2階級王者の長谷川穂積(34=真正)が神戸市内で会見し、再起2戦目を12月11日に神戸市中央体育館で行うと発表した。

 階級はフェザーで、相手は世界ランカーで調整中。5月の再起戦は世界ランク9位のメキシコ選手に完勝した。「満足はあった」と引退を考えたが、新しいトレーニングに出合い「強くなれるのにやめる必要はない」と現役続行を決めた。筋連動トレーニングといわれるもので、ゴルフの松山英樹、プロ野球阪神の西岡剛らも取り入れている。「今回思うような試合ができ、チャンスがあれば世界に挑戦したい」と意欲的だった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2015年10月3日のニュース