村田に自信「打ち分けてKO」プロ4戦目、初の10回戦へ練習公開

[ 2014年5月15日 17:18 ]

練習で汗を流す村田諒太

 ロンドン五輪ボクシング男子ミドル級金メダリストの村田諒太(三迫)が15日、プロ4戦目のノンタイトル10回戦(22日・島津アリーナ京都)に向けた練習を東京都内の帝拳ジムで公開し「トレーニングは順調にきている。上下に打ち分けて、最終的にKOできれば」と自信に満ちた表情で話した。

 初めて対戦するメキシコ人選手、ヘスス・ネリオの印象を「上体を動かすのでやりにくいと思う」と説明。この日のスパーリングでは相手をロープ際に追い詰め、米国合宿で磨いた体重の乗った右ストレートと左ボディーの連打で攻め立てた。

 初めて経験する10回戦にも「ペース配分はできるようになってきている」と不安はない。母校の京都広学館高(当時は南京都高)がある京都での一戦に「成長した姿を見せるのが一番だと思う。友達もたくさん応援に来るので、楽しんで帰ってもらえるようにしたい」と意欲を語った。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2014年5月15日のニュース