釘宮 準々決勝敗退…メダルならず「実力が足りなかった」

[ 2012年3月22日 06:00 ]

 アマチュアボクシング女子アジア選手権は21日にウランバートルで行われ、ライト級準々決勝で、釘宮智子(平成国際大)は北朝鮮選手に判定で敗れた。

 目標のメダル獲得がならなかった釘宮は「勝ちたかった。自分の実力が足りなかった。相手にいろんなことをされても、しっかり自分のボクシングができるように練習しないといけない」と話した。お笑いコンビ「南海キャンディーズ」のしずちゃんこと、ミドル級の山崎静代(よしもとクリエイティブエージェンシー)は22日の初戦で韓国選手と対戦する。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2012年3月22日のニュース