佐藤 手の内を隠して「ペチペチ」スパー

[ 2012年3月22日 06:00 ]

WBCスーパーフライ級タイトルマッチに向け、練習する挑戦者の佐藤洋太

WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ

(3月27日 後楽園ホール)
 王座奪取を狙う佐藤洋太(27=協栄)が21日、都内のジムで練習を公開。WBAミニマム級王者、八重樫東との計54ラウンドなど、既に300回以上のスパーリングも行っており「強い王者だけど、勝算は結構ある」と自信を見せた。

 この日は来日したばかりの王者スリヤン・ソールンビサイ(22=タイ)陣営が8人総出で偵察する中、前川4兄弟の次男・龍斗(16)との3分3回のスパーリングを消化。練習前に金平会長から「タイの人いるけど、どうする?」と問われたが、佐藤は「ペチペチ(力をセーブして)やりますよ」と得意の変則スタイルを封印した。そして、相手陣営が撤退した後に3分3回のスパーリングを再開。今度は見違えるような動きで仕上がりの良さをアピールした。

 同トレーナーによれば、22日のスリヤンの公開スパーリングの相手は前川が務めるという。「彼はタイ人キラーなんですよ。タイでデビューして3戦3勝3KO。」。前哨戦は手の内を隠して作戦成功。今度は必殺仕事人となる前川を送り込み、アウェーの洗礼を浴びせる。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2012年3月22日のニュース