圧倒的だった石井慧「柔道王者としてしっかりと五輪を目指したい」

[ 2011年5月1日 08:03 ]

柔道の全米体重別選手権

(4月30日 米フロリダ州オーランド・オレンジカウンティコンベンションセンター)
 北京五輪柔道100キロ超級金メダリストでプロ格闘家の石井慧(24=アイダッシュ)が柔道の全米制覇を果たした。

 米国の市民権がなくオープン参加とはいえ、北京五輪金メダリストの実力を証明し、圧倒的な力の差で無差別級を制した。道着の背中には東日本大震災で被災した人たちのために「がんばれ東北」の言葉を縫いつけた。「被災者に勇気と元気を与えられたと思う。これからは柔道王者としてしっかりと五輪を目指したい」と前を向いた。米国代表で16年リオデジャネイロ五輪を目指す石井が、絶好のスタートを切った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2011年5月1日のニュース