内山から広がる善意の輪 義援金総額650万円

[ 2011年3月26日 06:00 ]

埼玉県庁を訪れ、上田清司知事(右端)に東日本大震災の被災地へ義援金500万円の目録を手渡す王者・内山(左から3人目)。(左から2人目は)福田ワタナベジム後援会長、(左端は)渡辺会長

 プロボクシングのWBA世界スーパーフェザー級王者・内山高志(31=ワタナベ)から善意の輪が広がった。25日、埼玉県庁を訪れ、福田彰ワタナベジム後援会長(65)から寄付された東日本大震災の被災地への義援金500万円の目録を、上田清司知事(62)に手渡した。

 これは、内山が先に義援金100万円を送ったことに賛同しての善意。ジム仲間を合わせると合計650万円にもなった。内山は「僕は仲間に支えられて王者になった。復興の役に立てば」と話した。

 

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2011年3月26日のニュース