PR:

高橋3位…転倒も「悪くないスタート」羽生は7位、小塚は13位

男子SPのジャンプで手をつく高橋大輔

 フィギュアスケートの世界選手権第5日は30日、フランスのニースで男子ショートプログラム(SP)を行い、2年ぶり2度目の優勝を目指す高橋大輔(関大大学院)は85・72点で2選手の演技を残して3位となった。

 高橋は冒頭で4回転―3回転の連続ジャンプに挑み、見事に4回転を成功。ところが、続けて跳んだ3回転は回転が足りず、着氷で手をついた。「最初の連続ジャンプは判断を迷った。ミスがなかったらと思うが、悪くないスタート。王者になるのはちょっと厳しいかもしれないが、明日は何も考えず、練習したことを出したい」と語った。

 17歳で初出場の羽生結弦(宮城・東北高)は、4回転は決めたものの、最後のジャンプでミスが出て77・07点で7位。「緊張した。世界選手権の洗礼です。(1回転となったジャンプは)跳び急いでしまった。4回転ジャンプを決められたことは自信になった」と語った。

 前回銀メダルの小塚崇彦(トヨタ自動車)は、ジャンプでミスを連発。71・78点で13位と出遅れ「4回転は守りに入ったのかもしれない。(疲労は)少し回復したと思っていたが…。フリーは気持ちを切り替えて臨まないといけない」とガックリと肩を落とした。

 2連覇を狙うパトリック・チャン(カナダ)が89・41点でトップに立ち、前回4位のミハル・ブレジナ(チェコ)が87・67点で2位につけた。

 24選手によるフリーは31日に行われ、小塚は7番、羽生は17番、高橋は22番滑走に決まった。

[ 2012年3月30日 23:51 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:08月23日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画