PR:

浦和、G大阪に差別ツイート投稿の高校生から謝罪、クラブも啓発へ

G大阪FWのパトリック

 J1浦和は30日、公式サイトでG大阪のパトリック(28)に対する差別的ツイートについての報告を行った。

 クラブインフォメーションの中で「SNSにおける差別的な投稿について(続報)」のタイトルで更新され、投稿者が通う高校から申し出があり、謝罪がクラブ側にあったことを伝えた。

 投稿した埼玉県の高校生は、年に1、2回、埼玉スタジアムで浦和の試合を観戦しているといい、「自宅でテレビ観戦中に投稿してしまいました。投稿を後悔し深く反省しています。パトリック選手やガンバ大阪に謝罪したいです」と話していたという。

 クラブは「浦和レッズを応援する高校生が差別的な投稿をしていたことは、非常に残念です。浦和レッズは、パトリック選手はもちろんのこと、ガンバ大阪、Jリーグをはじめとするサッカーに関わる全ての皆さまに深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 また、投稿者が通う高校でも差別やSNS利用に関する教育を強化していく方針。さらに差別撲滅に向けた活動をファン・サポーターと取り組めるよう強化し、高校が行う差別に関する教育や啓発活動に協力することを検討していくとした。

 また、G大阪にも高校側から謝罪の申し出があり、パトリックにも伝えられた。クラブ側は「投稿者本人の深い反省と謝罪の意は、パトリック選手も十分に理解し、受け入れましたことを、皆様にご報告させていただきます」としている。

 ツイッターは、J1年間優勝を争うチャンピオンシップ準決勝が行われた28日に書き込まれ、投稿者のプロフィルには浦和サポーターであることが明記されていた。試合はG大阪が3―1で勝ち、パトリックが3点目を決めた。

[ 2015年11月30日 21:55 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:10月23日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム