PR:

J1差別的ツイッター 投稿は埼玉の高校生「謝罪したい」

 サッカーJ1で28日に行われた試合で浦和を破ったG大阪のブラジル人FWパトリック選手に対し、短文投稿サイト「ツイッター」上に人種差別的な書き込みがされた問題で、埼玉県内の私立高校の生徒が「自分が書き込んだ」と学校に申告していたことが30日、県への取材で分かった。

 埼玉県などによると、生徒と保護者は30日、高校の副校長らと浦和に謝罪し、Jリーグを通じてパトリック選手にも謝罪の意を伝えた。Jリーグは「パトリック選手は十分に理解し、受け入れている」としている。

 生徒は29日、自分が書き込みをしたと高校に申告し「自分のしたことに対して謝罪したい」と話したという。

 ツイッター上には、サッカーJ1の年間優勝を争う明治安田チャンピオンシップ準決勝が行われた28日に「黒人死ねよ」などと書き込まれ、投稿者のプロフィルには浦和サポーターであることが明記されていた。試合はG大阪が3―1で勝ち、パトリック選手が3点目を決めた。

[ 2015年11月30日 20:20 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:11月25日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム