PR:

【菊花賞】サトノアーサー95点!ひと夏越して成長度は1番

ひと夏を越えトモが筋肉量をつけて立派になったサトノアーサー
Photo By スポニチ

 ダービーから最も大きな成長曲線を描いているのはサトノアーサーです。トモが筋肉量を付けて立派になった。立ち姿も変わってきました。トモに巻き込んでいた尾を自然に垂らしながら立っている。トモに力を付けたため尾離れが良くなったのでしょう。ダービーの馬体診断では「発展途上」と書きましたが、ひと夏越してトモが明らかに発展していました。ただ、背中から腰にかけてまだ成長の余地が残っています。古馬になればもっとボリュームが増してくるでしょう。

 伸びやかな体形から3000メートルもこなせます。ディープインパクト産駒らしい切れはないが、じわじわ脚を使える。菊花賞の舞台は合っています。 菊花賞

[ 2017年10月17日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:11月21日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース