PR:

舛添都知事が辞めない3つの理由…田中康夫氏が明かす

元長野県知事で作家の田中康夫氏

 元長野県知事で作家の田中康夫氏(60)が23日、TBS系「白熱ライブ ビビット」(月~金曜前8・00)に生出演。政治資金の公私混同疑惑に揺れる東京都の舛添要一知事(67)について言及した。

 田中氏は舛添知事の釈明会見を見て「新しい格言ができましたね。地位は人を駄目にするとか、富すれば鈍するとか」とバッサリ。「法令順守、法に触れてなければいいっていうことではない。倫理というものがある」と批判した。

 番組内で田中氏は舛添知事が辞めない理由として3つのポイントを挙げた。

 一つ目が「都議会」。多数の議員が舛添氏を支持したので、自分たちの責任になるからいまは辞めろとは言えない。6月に始まる議会では不信任決議を出さないで、法的拘束はないが「あなたは問題だよ」という問責決議のようなものを出して終わるのではないかと推測した。

 二つ目が「東京五輪」。7月に参院選と都知事選を実施するダブル選挙はないと思う。選挙をすると4年後の7月は2020年の7月。東京五輪直前に選挙はできないだろうと見解を述べた。

 三つ目が「リコールの難しさ」。都民によるリコールは2カ月で133万人の署名をインターネットではなく紙で集めなければならない。行政区ごとにも名簿が別で、駅前とかで気軽に署名することができないと指摘した。

 出演者から舛添知事は今後、信頼回復できるかと聞かれると「それは無理です」と答えた。

[ 2016年5月23日 11:05 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:12月13日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル