PR:

アリ氏死去 異種格闘技戦の猪木氏が追悼「非常につらい」

アリ氏を追悼したアントニオ猪木氏

 ボクシングの元ヘビー級世界王者のムハマド・アリ氏が3日、呼吸器系の病気で米アリゾナ州フェニックスの病院に死去した。74歳。1976年、アリ氏と異種格闘技戦を行った現参院議員のアントニオ猪木氏(73)が追悼コメントを発表した。

 「格闘技世界一決定戦」と銘打った試合から40年。世紀の一戦が行われた6月26日は、日本記念日協会から「世界格闘技の日」に登録され、今年5月に会見した猪木氏は「記念日制定を機に、格闘技界やプロレス界を再度盛り上げ、世界へ元気と平和のメッセージを発信したい」と話した。

 猪木氏はこの日「あの闘いから今年で40年。こうして、かつてのライバルたちを見送ることは非常につらいものです」と談話を発表。沈痛な様子がうかがえた。

 アリ氏と日本人で唯一対戦したのが、プロレスラーだった猪木氏。1976年6月26日、東京・日本武道館でプロボクシングの世界ヘビー級王者だったアリ氏と異種格闘技戦を闘った。試合は15回引き分けに終わった。

[ 2016年6月4日 15:36 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム

      スペシャルコンテンツ