角田裕毅は終盤の痛恨スピンで14位 フェルスタッペン通算60勝目 F1カナダGP

[ 2024年6月10日 04:50 ]

F1第9戦カナダGP決勝 ( 2024年6月9日    モントリオール ジル・ビルヌーブ・サーキット=1周4.361キロ×70周 )

カナダGP決勝で走行する角田裕毅のマシン(ロイター)

 来季のRB残留が決まった角田裕毅は終盤のスピンで14位にとどまり、入賞は3戦連続でストップした。2番手から出たレッドブルのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が1時間45分47秒927で2戦ぶり今季6勝目、通算60勝目をマーク。2位はマクラーレンのランド・ノリス(英国)、3位はポールポジション(PP)から出たメルセデスのジョージ・ラッセル(英国)だった。

 雨の影響で路面が滑るコンディションでのスタート。ウエットタイヤを選択したハース勢のケビン・マグヌセン(デンマーク)が14番手から4番手、ニコ・ヒュルケンベルク(ドイツ)が17番手から9番手へジャンプアップする中、角田はスタートで8番手から3つポジションを落とし、4周目では12番手へ後退した。路面が乾き始めてハース勢がピットインし、序盤は10番手の走行となった。

 25周目にウィリアムズのローガン・サージェント(米国)がスピンしてストップ。セーフティーカーが入り、各マシンは降雨に備えてタイヤを交換したが、角田はコースに残り7番手に浮上した。30周目でレース再開となり、路面が乾いた45周目でピットインしてミディアムタイヤを選択。だが、52周目にハードタイヤを履いたアストンマーチンのランス・ストロール(カナダ)に抜かれて8番手へ後退し、67周目にはコースアウトして痛恨のスピン。何とかコースに復帰したものの、あと一歩で4戦連続入賞を逃した。

 フェルスタッペンは25周目に最初のタイヤ交換を行い、トップを走行していたノリスのピットイン遅れをついて首位に。45周目に2度目のタイヤ交換を実施すると、47周目にピットインしたノリスの先に出て逃げ切り、セーフティーカー導入2回、リタイア5台の乱戦を制した。

 ◇決勝順位

(1)フェルスタッペン(レッドブル)

(2)ノリス(マクラーレン)

(3)ラッセル(メルセデス)

(4)ハミルトン(メルセデス)

(5)ピアストリ(マクラーレン)

(6)アロンソ(アストンマーチン)

(7)ストロール(アストンマーチン)

(8)リカルド(RB)

(9)ガスリー(アルピーヌ)

(10)オコン(アルピーヌ)

(11)ヒュルケンベルク(ハース)

(12)マグヌセン(ハース)

(13)ボッタス(キックザウバー)

(14)角田裕毅(RB)

(15)周冠宇(キックザウバー)

リタイア サインツ(フェラーリ)

リタイア アルボン(ウィリアムズ)

リタイア ペレス(レッドブル)

リタイア ルクレール(フェラーリ)

リタイア サージェント(ウィリアムズ)

続きを表示

「F1」特集記事

「角田裕毅」特集記事

2024年6月9日のニュース