総合初V狙うフェルスタッペンが最終戦でPP!同点のハミルトン2番手、角田は8番手

[ 2021年12月11日 23:21 ]

F1最終戦アブダビGP予選 ( 2021年12月11日    ヤスマリーナ・サーキット=1周5・281キロ )

F1最終戦アブダビGP予選、ポールポジションを獲得したフェルスタッペン(AP)
Photo By AP

 ホンダエンジンのF1ラストレースで自身初の総合優勝を狙うレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が1分22秒109で5戦ぶり今季10回目、通算13回目のポールポジション(PP)を獲得した。フェルスタッペンと369・5点で総合首位に並び、5年連続史上最多8度目の世界王者を目指すメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)は0・371秒差で2番手につけた。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は予選3回目(Q3)に進出して8番手だった。

 フェルスタッペンは予選2回目(Q2)でミディアムタイヤにフラットスポットをつくり、急きょソフトタイヤに変更。12日の決勝はソフトタイヤでスタートとなるため、ミディアムタイヤのハミルトンとは異なるタイヤ戦略で戦う。

 角田は予選1回目(Q1)をメルセデス、レッドブル勢に次ぐ5番手で通過。Q2はミディアムタイヤながら8番手で通過し、Q2敗退で12番手の同僚ピエール・ガスリー(フランス)を上回った。今季限りでF1を引退するアルファロメオのキミ・ライコネン(フィンランド)はQ1敗退で18番手だった。

 ▽予選順位

 (1)フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 (2)ハミルトン(メルセデス)

 (3)ノリス(マクラーレン)

 (4)ペレス(レッドブル・ホンダ)

 (5)サインツ(フェラーリ)

 (6)ボッタス(メルセデス)

 (7)ルクレール(フェラーリ)

 (8)角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

 (9)オコン(アルピーヌ)

 (10)リカルド(マクラーレン)

<以下Q2敗退>

 (11)アロンソ(アルピーヌ)

 (12)ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

 (13)ストロール(アストンマーチン)

 (14)ジョビナッツィ(アルファロメオ)

 (15)フェテル(アストンマーチン)

<以下Q1敗退>

 (16)ラティフィ(ウィリアムズ)

 (17)ラッセル(ウィリアムズ)

 (18)ライコネン(アルファロメオ)

 (19)シューマッハー(ハース)

 (20)マゼピン(ハース)

続きを表示

「角田裕毅」特集記事

「佐藤琢磨」特集記事

2021年12月11日のニュース