F1ブラジルGP メルセデスの再審請求棄却 フェルスタッペンの追い抜き“妨害”

[ 2021年11月20日 05:30 ]

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(AP)
Photo By AP

 F1のレース審査員は19日、第19戦ブラジルGP(14日決勝)におけるレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)のドライビングについて、メルセデスからの再審請求を棄却した。

 同GPで2位だったフェルスタッペンは優勝したルイス・ハミルトン(英国)に抜かれそうになった際に、外側へ膨らんで走行。2台ともコース外へはみ出したが、審議対象とならなかった。メルセデスは車載映像を提出して再審を要求したものの、重大な証拠とは認められなかった。

続きを表示

「角田裕毅」特集記事

「佐藤琢磨」特集記事

2021年11月20日のニュース