ハミルトンが戦略勝ちで通算98勝目!角田は初のリタイア F1第4戦スペインGP

[ 2021年5月9日 23:53 ]

F1第4戦スペインGP決勝 ( 2021年5月9日    バルセロナ カタルーニャ・サーキット=1周4・675キロ )

F1第4戦スペインGPを制しガッツポーズのハミルトン(AP)
Photo By AP

 予選で通算100回目のポールポジション(PP)を獲得したメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)が1時間33分7秒680で今季3勝目、通算98勝目をマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)が2位。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅はリタイアした。

 2番手スタートのフェルスタッペンが抜群のスタートダッシュを見せ、ターン1でハミルトンのインを突いてトップへ。ハミルトンより先にピットインし、タイヤをソフトからミディアムへ替えた。だが、ハミルトンも続いてタイヤ交換を行い、フェルスタッペンと1秒前後のバトルを展開後、先に2度目のピットインでソフトタイヤに替えて猛追。2度目のタイヤ交換ができずに粘っていたフェルスタッペンを59周目で抜き去り、第3戦ポルトガルGPに続いて連勝を飾った。

 16番手から出た角田はスタート直後に18番手へ後退。2台を抜いて16番手に戻った7周目のターン10で突然マシンの電気系統が落ちてしまい、コース外へ出てストップ。F1デビューから3戦続けて完走していたが、4戦目で初のリタイアとなった。

 ▽決勝順位

(1)ハミルトン(メルセデス)

(2)フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

(3)ボッタス(メルセデス)

(4)ルクレール(フェラーリ)

(5)ペレス(レッドブル・ホンダ)

(6)リカルド(マクラーレン)

(7)サインツ(フェラーリ)

(8)ノリス(マクラーレン)

(9)オコン(アルピーヌ)

(10)ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

(11)ストロール(アストンマーチン)

(12)ライコネン(アルファロメオ)

(13)フェテル(アストンマーチン)

(14)ラッセル(ウィリアムズ)

(15)ジョビナッツィ(アルファロメオ)

(16)ラティフィ(ウィリアムズ)

(17)アロンソ(アルピーヌ)

(18)シューマッハー(ハース)

(19)マゼピン(ハース)

リタイア 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

続きを表示

この記事のフォト

「角田裕毅」特集記事

「佐藤琢磨」特集記事

2021年5月9日のニュース