BMW GMと提携交渉を打ち切り トヨタとの関係重視で

[ 2012年6月28日 10:20 ]

 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)とドイツのBMWが進めていた燃料電池分野での提携交渉が打ち切られたことが27日、分かった。

 米ブルームバーグが報じた。

 BMWが、燃料電池車やハイブリッド車など環境分野での連携強化を決めたトヨタ自動車との関係を重視したためとみられる。

 ブルームバーグによると、BMW関係者は「GMとはまだ交渉は続けているが、燃料電池分野の話題はもう議論に上っていない」と話した。

 トヨタの豊田章男社長とBMWのライトホーファー会長は29日、ドイツで提携についての記者会見を開く予定。

続きを表示

「F1」特集記事

「東京モーターショー 2017」特集記事

2012年6月28日のニュース