村田諒太VSゴロフキン 12・28念願ビッグマッチ 米メディアが報道

[ 2021年9月25日 05:30 ]

村田諒太
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(35=帝拳)とIBF同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(39=カザフスタン)の統一戦が12月28日に神戸で行われると米スポーツ専門局ESPNが23日までに報じた。今年5月に両者の対戦を「12・28、東京で合意」と報じたコラムニストのマイク・コッピンガー氏が、情報筋の話として伝えた。両陣営は既に合意しており、ゴロフキン戦の放映権を持つDAZNの承認待ちという。

 村田は19年12月にバトラー(カナダ)に5回TKO勝ちして初防衛に成功。その後は新型コロナウイルスの感染拡大で試合が決まりかけては流れ、実現すれば2年ぶりのリングとなる。元3団体統一王者で、かつて世界最強と評価されたゴロフキンも昨年12月以降は試合が組めていない。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年9月25日のニュース