並木月海 快勝発進 幼なじみ那須川天心からアドバイス「いつも通りで」

[ 2021年7月26日 05:30 ]

東京五輪第3日 ボクシング女子フライ級1回戦   並木月海―ナンジリ(ウガンダ) ( 2021年7月25日    両国国技館 )

女子フライ級1回戦 3回、ウガンダ選手(右)を攻める並木月海
Photo By 共同

 並木月海が5―0判定勝ちと好発進した。身長1メートル53の小柄なサウスポーは軽快なフットワークから鋭い踏み込みで的確にパンチを浴びせて完勝。「緊張したけど、まず1勝できたことは良かった」と表情を緩めた。

 キックボクシングで活躍する那須川天心の幼なじみ。23日にはSNSを通じて那須川から「いつも通りで」のアドバイスが届いた。29日の2回戦へ向け、「次はもう少し楽しみたい。ボクシングは面白いと思ってもらえるような試合をしていきたい」と話した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年7月26日のニュース