朝倉未来、三角絞めに屈した一本負け…「引退も含めてちょっと考えます。自分自身に落胆している」

[ 2021年6月14日 05:30 ]

RIZIN.28   ●朝倉未来 2R1分51秒 三角絞め クレベル・コイケ〇 ( 2021年6月13日    東京D )

クレベル・コイケ(右)に敗れた朝倉未来(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 メインに登場した朝倉未来はクレベル・コイケに痛恨の一本負け。1ラウンドに得意の打撃で優勢に立ったが、2ラウンドに警戒していた三角絞めに屈した。

 「悔しいけど、試合をやって良かった。歴史的な東京ドームの大会でメインができたのは自分の宝になる」と話したが、今後については「引退も含めてちょっと考えます」と発言。「格闘技をやる意味が分からなくなった。自分の幻想が打ち砕かれて、自分自身に落胆している」と胸中を説明した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年6月14日のニュース