輪島功一会長が勇退、次男の大千氏に資格譲渡

[ 2021年4月14日 16:42 ]

2010年、東日本新人王準決勝ウエルター級で決勝進出を決め、父・輪島功一氏(右)と握手する次男の輪島大千氏
Photo By スポニチ

 ジム会長らで組織する東日本ボクシング協会は14日、2021年度の第1回定例理事会をオンラインで開催し、輪島功一スポーツジムの名義変更などを承認した。

 輪島功一スポーツジムは、元WBA・WBC世界スーパーウェルター級王者の輪島功一氏(77)が会長職を退き、会員資格を元ボクサーの次男・大千氏(ひろかず=44)に譲渡。同協会は高齢などが理由としている。

 FLARE山上ジムは、山上哲也前会長の死去に伴い、山田和平氏がクラブオーナー代行を務めていたが、代行が認められる期限の1年が過ぎ、改めて山田氏から名義変更と入会申請があり、承認された。

 また、K&Wジムが休会したことも報告された。休会は4月10日付け。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年4月14日のニュース