元K―1王者・武居、KO宣言 3・11ボクシングデビュー「しっかり倒して勝ちたい」

[ 2021年2月26日 05:30 ]

デビュー戦に向けて調整を続けている武居由樹(左)と八重樫東トレーナー
Photo By スポニチ

 3月11日に東京・後楽園ホールでプロボクシングデビューする元K―1ワールドGPスーパーバンタム級王者・武居由樹(24=大橋)が25日、横浜市のジムで取材に応じ、2週間後に向けて「しっかり倒して勝ちたい。K―1時代と同じように早いラウンドでKOできたら」と意気込みを語った。

 昨年12月にK―1卒業とボクシング転向を発表。元世界3階級制覇王者の八重樫東トレーナーの下、技術向上に励んできた。初陣は54・5キロ契約6回戦で高井一憲(34=中日)との対戦。すでに減量もスタートしているが、K―1で25戦のキャリアがあり調整に不安はない。「しっかり追い込めて、いい感じに仕上がってます」と手応えを口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年2月26日のニュース