内藤律樹 4戦ぶりTKOで4度目防衛!海外戦見据え「いかにギアを上げるかが課題」

[ 2020年11月22日 05:30 ]

東洋太平洋スーパーライト級タイトルマッチ12回戦   〇王者・内藤律樹 TKO/9回終了 同級4位・今野裕介● ( 2020年11月21日    後楽園ホール )

9回終了TKOで4度目の防衛に成功した内藤
Photo By スポニチ

 内藤が13カ月ぶりのリングで4度目の防衛に成功した。

 1回にカウンターの左で今野をぐらつかせ、その後も軽快なフットワークと多彩な右ブローで主導権を握り、ポイントでも大きくリード。左肩を痛めていた今野が9回終了後に棄権を申し入れ、4戦ぶりのTKO勝ちとなった。

 4月にシンガポールで「キャリア最大の勝負」を予定していたが、コロナ禍で中止。日本人対決を制し「海外で戦うには、いかにギアを上げるかが課題」と先を見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2020年11月22日のニュース