中林 白井・具志堅ジムのラスト飾れずドロー終戦「でも全部出せた」

[ 2020年7月31日 05:30 ]

プロボクシング東日本新人王予選   二瓶竜弥(DANGAN郡山) 引き分け 中林稜太郎(白井・具志堅) ( 2020年7月30日    後楽園ホール )

二瓶(左)と引き分けた中林
Photo By スポニチ

 31日で閉鎖される白井・具志堅ジム所属の中林は引き分けに終わり、ジムのラストマッチを白星で飾ることはできなかった。4戦4勝だった二瓶と果敢に打ち合った。最後まで前進し、手を出し続けた。ジャッジの採点は39―38、36―40、38―38と三者三様。だが、優勢点により2回戦進出を逃した。

 「勝って終わりたかった。でも練習してきたことは全部出せたと思う」。この日、具志堅用高会長は会場に姿を見せなかったが、計量前日に「リラックスしてしっかり頑張ってこい」と激励されたという。日本人初の世界王者と世界王座13度防衛の名王者の名を冠したジムの最後の試合を託された25歳は「勝って終わりたかった」と繰り返し、無念さをにじませた。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年7月31日のニュース