RIZIN 8月に2日間開催 榊原CEO「未来を築くためのチャレンジ」

[ 2020年7月7日 19:50 ]

会見するRIZINの榊原信行CEO

 総合格闘技イベント「RIZIN.22&23」の開催が決まった。榊原信行CEOが7日、YouTubeチャンネルで会見し、8月9日と10日の2日間、横浜市のぴあアリーナMMで開催すると発表した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、これまでに3大会が中止となっている。榊原CEOは「弱音を吐きたくなる状況に陥った」と厳しい状況を説明。それでも「観客なくしてRIZINは成り立たない。観客と一緒にあの空間を取り戻したい」と熱く語り、「一歩踏み出す決断をした。未来を築くための新しいチャレンジになる」と強調。現状では自治体の要請で観客は5000人に制限されるため、クラウドファンディングを実施することも発表し、「みんなに支援してほしい」と訴えた。

 今月9日には対戦カードの第1弾を発表する予定。外国人選手の入国は制限されている状況のため、榊原CEOは「オール日本人対決になる」と明かした。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年7月7日のニュース