都内ボクシングジムで初のコロナ感染者 20代男子選手1人が「陽性」

[ 2020年7月7日 05:30 ]

 日本ボクシングコミッション(JBC)は、都内のジムに所属する20代男子選手1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたと発表した。首都圏のジムでの感染は初めて。

 JBCによると、3日に発熱し、4日にPCR検査を受けた。現在は発熱などの症状はなく、自宅で経過観察中という。

 ジムは既に館内の消毒を終えており、担当トレーナーもPCR検査で陰性だった。国内のプロボクシングでは4月に愛知県内のジムで4人の感染者が出ている。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年7月7日のニュース