ボクシング 堤兄弟の弟・麗斗、井岡一翔ら所属事務所とマネジメント契約

[ 2020年4月1日 18:10 ]

堤麗斗
Photo By スポニチ

 トラロックエンターテインメント株式会社は1日、ボクシングのアジアユース選手権で金メダルを獲得した堤麗斗(17=千葉・習志野高)とマネジメント契約を結んだと発表した。今後、国内外の活動に関してサポートするという。

 麗斗は東京五輪男子フェザー級日本代表候補の堤駿斗(20=東洋大)の弟で、中学時代にU―15大会4連覇を達成、すでに高校4冠を獲得し、昨年11月にはアジアユースで優勝するなど国際大会でも活躍、24年パリ五輪の星として期待されている。

 同社は兄・駿斗やWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(31=DANGAN AOKI)ともマネジメント契約を結び、元WBC世界フライ級王者でタレントの内藤大助(45)、プロフィギュアスケーターの織田信成(33)らも所属している。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年4月1日のニュース