初代K―1GP王者「伝説の拳」「石の拳」シカティック氏死去

[ 2020年3月24日 05:30 ]

97年、武蔵と対戦するシカティック氏
Photo By スポニチ

 初代K―1グランプリ王者のブランコ・シカティック氏が22日、クロアチア・ソリンの自宅で亡くなった。所属していたドージョー・チャクリキ・ジャパンが23日、公式ホームページで公表した。65歳だった。

 18年に肺血栓症で入院。パーキンソン病もあって、最近2年は自宅で闘病生活を送っていたという。93年のK―1グランプリでは準決勝で佐竹雅昭、決勝でアーネスト・ホーストを破り初代王者となった。高いKO率を誇り、「伝説の拳」「石の拳」と呼ばれた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年3月24日のニュース