田中教仁、世界初挑戦!鬼門タイでVS無敗王者「ネガティブな歴史に終止符打ちたい」

[ 2020年2月22日 05:30 ]

WBA世界ミニマム級タイトルマッチ    スーパー王者 ノックアウト・CPフレッシュマート 《12回戦》 同級13位 田中教仁 ( 2020年3月3日    タイ・ナコンサワン市庁舎前野外特設リング )

会見で勝利を誓った田中教仁
Photo By スポニチ

 前日本ミニマム級王者・田中教仁の世界初挑戦が決まった。JBC公認の世界戦では日本人ボクサーが24敗1分けと過去に誰も勝っていない敵地タイで、無敗のスーパー王者に挑む。

 35歳の誕生日である21日に都内で会見した田中は「ネガティブな歴史に自分が終止符を打ちたい」と意気込みを語った。11年11月の試合を最後に祖父が営む飲食店を手伝うため、約5年間もボクシングを離れたが、情熱は冷めることなく、家族の反対を押し切って17年に復帰。2児のパパは「この一戦に人生は懸けないけど、命は懸ける。家族のためにも勝ってカッコいい親父になりたい」と王座奪取を誓った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年2月22日のニュース