平岡アンディ 尚弥アンダーカードで米2戦目

[ 2020年2月10日 22:52 ]

 ボクシングのIBF世界スーパーライト級14位・平岡アンディ(23=大橋)が4月25日に米ラスベガスのマンダレイベイ・イベントセンターで米2戦目を行うことが決まった。所属する大橋ジムが10日、発表した。対戦相手は未定だが、WBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(26=大橋)とWBO世界同級王者ジョンリール・カシメロ(30=フィリピン)との3団体統一戦のアンダーカードに組み込まれるという。

 平岡は昨秋、米プロモート大手トップランク社と契約。11月の米デビュー戦ではロヘリオ・カサレス(米国)に2回KO勝利を収めている。平岡は自身のSNSで米2戦目が決まったことを報告。「先輩である井上尚弥さんの試合と同じイベントでの試合、そして大好きなラスベガスで試合出来ることに感謝です。そして最高の試合になる事は間違いないです」とつづった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年2月10日のニュース