井上尚弥、カシメロは「ドネアより怖い」野性味を警戒「何をやってくるか分からない」

[ 2020年2月3日 05:30 ]

WBA・IBF・WBO世界バンタム級王座統一戦   WBAスーパー&IBF王者 井上尚弥 《12回戦》 WBO王者 ジョンリール・カシメロ ( 2020年4月25日    マンダレイベイ・イベントセンター )

グアム合宿に出発した(左から)井上浩樹、井上尚弥、井上拓真
Photo By スポニチ

 3団体統一を目指す井上尚弥が強化合宿のため、弟の拓真、いとこの浩樹らとともにグアム入りした。出発前の成田空港で取材に応じた井上は対戦が決まったカシメロについて「ドネアより怖い相手だと思っている」と、WBSS決勝で死闘を演じたレジェンドを引き合いに警戒心を示し、「パンチもある選手なので、それに耐えられる体力をつくりたい」と表情を引き締めた。

 相手を過大評価するのはいつもの“尚弥流”だが、「恐れず頭から突っ込んでくるし、何をやってくるか分からない」とカシメロの野性味を特に警戒。今回の合宿では練習時間を2時間弱増やし、1日20キロ以上の徹底した走り込みに加えて筋力トレーニングも行い、耐久性の向上を図る。6日に帰国した後にはスパーリングを再開し、本格的な対策をスタートさせる計画だ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年2月3日のニュース