飯伏雪辱初V!夏のG1歓喜の次は「IWGPのベルトが見えてきますよね」

[ 2019年8月13日 05:30 ]

紙テープを浴びる飯伏(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 新日本プロレスの真夏の祭典「G1クライマックス」優勝決定戦が12日、日本武道館で行われ、飯伏幸太(37)がジェイ・ホワイト(26)を撃破して初優勝を飾った。昨年は棚橋弘至(42)に屈して準優勝。念願のビッグタイトルを手にすると、「僕はここで去年のリベンジを果たすことができて最高にうれしい」と歓喜に酔いしれた。

 ホワイトのブレードランナーを浴びてピンチとなった終盤、飯伏は膝蹴り連発で危機を脱すと、最後は必殺カミゴェを決めて勝利を呼び込んだ。「夏のG1を獲ったら何ですか次は?IWGPのベルトが見えてきますよね」。最高峰のベルトを目指す男の顔には確かな覚悟がにじんでいた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年8月13日のニュース