千本 右拳痛めるも国内最速タイ、プロ2戦目で新女王

[ 2019年6月26日 05:30 ]

日本女子ミニマム級タイトルマッチ6回戦   ○同級2位・千本瑞規 負傷判定6回33秒 王者・日向野知恵● ( 2019年6月25日    後楽園ホール )

日本女子ミニマム級タイトルマッチ 6回負傷判定で新王者となった千本
Photo By スポニチ

 昨年11月にデビューした千本が国内最速タイのプロ2戦目でタイトルを獲得。鋭い左ジャブで序盤から主導権を握り、2回には右アッパーを何度もヒットさせた。だが、右拳を痛め、3回以降は左手だけの戦いを強いられた。最後は偶然のバッティングで眉間をカットし、負傷判定2―0の勝利。新女王は「勝ててホッとしている。まずは右手を治さないと」と話した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年6月26日のニュース