木村 26日“第二本拠地”中国決戦!日本人2人目“海外2階級制覇”に挑戦

[ 2019年5月15日 05:30 ]

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ   王者カルロス・カニサレス(ベネズエラ)《12回戦》 同級2位・木村翔 ( 2019年5月26日    中国・江西省撫州市 )

<木村翔世界戦発表会見>スペイン料理レストランで行われた会見でスペインの守り神であるトカゲの照明を背に意気込む木村翔(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 ボクシング前WBO世界フライ級王者の木村翔が、26日に中国でWBA世界ライトフライ級王者カルロス・カニサレスに挑戦することが14日、都内で正式発表された。17年7月に上海で元WBOフライ級王者・鄒市明(ゾウ・シミン=中国)を破って戴冠し、中国で人気者になった木村だけに中国国営放送CCTVもサッカーやバドミントンの放送予定を変更して試合を生中継。「中国はむしろホームに感じる。また世界のベルトを腰に巻いて日本に戻ってきたい」と海外での世界再挑戦を歓迎した。

 1階級下げての2階級制覇挑戦で、海外で2度王座奪取に成功すれば73年の柴田国明以来日本人2人目となる。元々ライトフライ級。栄養士をつけて食事を改善し、練習後に体重はリミットまで3キロと減量に問題はない。4月下旬からは気温40度のタイで合宿を行い、4分×15ラウンドのミット打ちなども敢行。16年12月に田口良一(ワタナベ)と引き分け、昨年3月に小西伶弥(真正)との王座決定戦を制したカニサレスを「アグレッシブで足も使える」と評しながらも、「ボクシングは倒せば勝ち。その気持ちを忘れかけていたが、挑戦者になって感覚が戻ってきた。負ける気がしない」とKO奪取を予告した。

 WBAライトフライ級は京口紘人(ワタナベ)がスーパー王者で今回勝てば統一戦の可能性もある。だが、木村は「考えていない。ライトフライ級でやりたい選手はいない」と興味を示さなかった。

 <メキシコ→ハワイ>海外で王座奪取に成功した日本人は木村を含め過去11人、12回。唯一2度達成したのが柴田国明(ヨネクラ)で、70年12月に敵地でサルディバル(メキシコ)からWBCフェザー級王座、73年3月に中立地の米ハワイでビラフロア(フィリピン)からWBAスーパーフェザー級王座を奪った。木村が今回勝てば、海外での複数回王座奪取は2人目となる。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年5月15日のニュース