王者アルバラード 練習公開で好調アピール「小西はタフ」

[ 2019年5月15日 05:30 ]

IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ   王者フェリックス・アルバラード(ニカラグア) 《12回戦》 同級3位・小西伶弥 ( 2019年5月19日    神戸ポートピアホテル )

公開練習で汗を流す、IBFライトフライ級チャンピオンのフェリックス・アルバラード
Photo By 共同

 王者アルバラードが、神戸市内のジムで練習を公開し、「満足いく準備ができている」と好調ぶりをアピールした。シャドーボクシングやミット打ちをこなし、軽めの調整で切り上げた。小西について王者は「戦士のようなタフな選手」と評したが、「私も非常に強い選手だ。本当のアルバラードを見てほしい。国にタイトルを持ち帰りたい」と自信をのぞかせた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年5月15日のニュース