貴ノ岩のRIZIN参戦否定 榊原実行委員長が相撲界バッサリ「大砂嵐の時も…ヘドが出る」

[ 2018年12月10日 20:27 ]

<RIZIN平成最後のやれんのか!>会見に出席した(左から)小西拓槙、渡辺華奈、川尻達也、榊原信行実行委員長、北岡悟、杉山しずか、朝倉海
Photo By スポニチ

 総合格闘技RIZINの榊原信行実行委員長(55)が10日、都内で行われた「RIZIN 平成最後のやれんのか!」の記者会見後に囲み取材に応じ、またも暴力問題が発覚した相撲界を切り捨てた。

 元幕内貴ノ岩(28)の話題を振られると、「もう、いいんじゃないの。相撲界のスキャンダラスなことの受け皿じゃないし」と貴ノ岩の参戦をきっぱりと否定。さらに「あれが国技でいいのかって感じ。組織を一新するべきだと思う。どこかで甘えた体質があるから、ああいうことが起きる。もっと厳しい環境にして礼節を教えるべきですよ」と痛烈に批判した。

 今年9月の「RIZIN.13」で、道路交通法違反で略式起訴されて大相撲を引退した元幕内大砂嵐がデビューしたが、またも無免許運転が発覚し契約解除。「大砂嵐の時も良かれと思って手を差し伸べたけど、平気で僕らを裏切った。ヘドが出る」と言い放ち、「だから、すぐに貴ノ岩なんて触手が動かない」とRIZIN側からオファーする可能性を重ねて否定した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2018年12月10日のニュース