PR:

ゴロフキンVSカネロ 9・15再戦で合意 プロモーターのデラホーヤ氏明かす

ゲンナジー・ゴロフキン (AP)
Photo By AP

 ボクシングのWBAスーパー&WBC統一世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と元WBC同級王者サウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)が、9月15日に再戦することで合意したことが分かった。カネロのプロモーター、元6階級制覇王者のオスカー・デラホーヤ氏が13日、ツイッターで明らかにした。詳細は明らかになっておらず、会場も確定していない。

 元3団体統一王者のゴロフキンと元2階級制覇王者のカネロは「ミドル級頂上決戦」と呼ばれた昨年9月の初戦で、ゴロフキン有利とみられる展開ながら議論を呼ぶ引き分け。今年5月5日に米ネバダ州ラスベガスで再戦が予定されていたが、カネロが禁止薬物に陽性反応を示したため中止となり、カネロ自身はネバダ州コミッションから6カ月の出場停止処分を受けた。カネロは処分が解除される9月のリング復帰を目指していたが、ファイトマネーの配分を巡りゴロフキンとの再戦交渉が決裂。ゴロフキンはIBF同級1位セルゲイ・デレビャンチェンコ(ウクライナ)との指名試合交渉を進めなかったため、IBF王座を剥奪されていた。

 カネロ陣営は新たにファイトマネーの配分をカネロ57・5%、ゴロフキン42・5%とする条件を出し、13日を最終交渉期限に設定。ゴロフキン陣営は55:45を主張して譲らず、デラホーヤ氏は同日、米スポーツ専門局ESPNに「試合は行われない」と明かしたものの、期限を過ぎてからの特別交渉で最終的な合意に至ったとみられる。現在のボクシング界で最も大きなビジネスを生み出す両者の再戦の結果次第では、WBAミドル級正規王者・村田諒太(帝拳)の今後も左右されそうだ。

[ 2018年6月14日 08:04 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:08月14日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム