鈴木みのる 高山善廣の現状明かす「肩が少し動かせる状態」

[ 2018年6月5日 14:48 ]

プロレスラーで闘病中の高山善廣を支援する大会をアピールする鈴木みのる
Photo By スポニチ

 プロレスラーの鈴木みのるが5日、都内で会見し、1年以上も入院が続く高山善廣について、「肩が少し動かせる状態になった。正直かなり厳しい状態だが、毎日リハビリを頑張っている」と現状を報告した。

 高山は、昨年5月の試合中のアクシデントで頸椎完全損傷と診断され、首から下が動かない状態に。現在は手足が硬直しないためのリハビリなどを続けているという。ただ、会話をすることは可能で、「口は相変わらず達者。何かあれば憎まれ口を叩く」という。昨夏の時点では、手が肩に触れると、それを感じる程度の反応だったが、鈴木は「そこが前に進んだような感じ」と前向きに捉えた。

 そして、「あいつが返ってくる場所は間違いなくリング。ファンのみんなで(戻る場所を)つくってあげたら。いつかあいつにはトップロープまたいでリングに入ってもらいますよ。そこまでやらないと。諦めるのは簡単。それを目標に頑張ってもらおうと思っています」と力強いエールを贈った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2018年6月5日のニュース