村田 沖縄キャンプ開始!帝拳アラサー軍団で下半身イジメ

[ 2018年1月11日 05:30 ]

沖縄キャンプへ出発した(右から)尾川、村田、粟生
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(31=帝拳)が沖縄で走り込みキャンプをスタートさせた。ジム同僚のIBF世界スーパーフェザー級王者・尾川堅一(29)、元2階級制覇王者・粟生隆寛(33)とともに18日までクロスカントリーコースなどを使い、4月予定の初防衛戦へ下半身を強化する。

 年末年始は仕事やあいさつ回りで多忙だった村田は「練習に集中できる環境じゃなかったので、珍しくキャンプが楽しみ。まずはベースづくり。スイッチオンしてくれるキャンプかな」と抱負を述べた。キャンプ中の12日が32歳の誕生日。尾川と粟生を横目に「このメンバーで祝うんか」と苦笑いしながらも「現役でいられる時間はそこまで長くない。一日一日、一戦一戦を大事にしていかないと」と表情を引き締めた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2018年1月11日のニュース