RIZIN 山本美憂の1回戦は関節技が得意の長身選手「 自分のペースで闘えれば大丈夫」

[ 2017年8月18日 17:45 ]

会見を終えポーズをとる山本美憂(左)、山本アーセン親子
Photo By スポニチ

 格闘技イベント「RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 1stラウンド―秋の陣―」(10月15日、マリンメッセ福岡)の一部対戦カードが発表され、女子の1回戦で山本美憂(43=KRAZY BEE)は、関節技を得意とする1メートル70の長身選手、アイリーン・リベラ(24=スペイン)と激突することになった。

 7月大会でRIZIN初勝利を挙げた美憂は都内で行われた会見で「身長のある選手だが自分のペースで闘えれば大丈夫」と自信を示した。1回戦を突破すれば、シュートボクシング世界女子フライ級王者・RENA(26=シーザージム)とキング・オブ・ザ・ケージの前アトム級王者アンディ・ウィン(35=米国)の勝者と大みそかの準決勝で対戦する。

 RENAには昨年9月のRIZINデビュー戦で敗れており、RENAが勝ち上がってくればリベンジのチャンスとなる。美憂は「トーナメントなので勝たないと上がれないし、勝って皆さんの期待のカードにしたい」と話した。一方のRENAは「より多くの人に見てもらうには話題性が必要。正直、再戦は望んでいないが、盛り上がるならそれでいい」とコメントした。

 もう一方のブロックでは、ジョシュ・バーネットの秘蔵っ子のアリーシャ・ガルシア(23=米国)とマリア・オリベイラ(20=ブラジル)が対戦。「DEEP JEWELS17」(26日、東京・新宿FACE)で対戦する石岡沙織(29=禅道会)と朝倉カンナ(19=パラエストラ松戸)の勝者は、シルビア・ユスケビッチ(22=ポーランド)との1回戦となる。

 男子の1回戦では、山本アーセン(20=KRAZY BEE)がマネル・ケイプ(23=アンゴラ)と、第2代バンタム級キング・オブ・パンクラシストの石渡伸太郎(32=CAVE)はアクメド・ムサカエフ(ロシア)と対戦する。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2017年8月18日のニュース