具志堅秘蔵っ子・比嘉 世界挑戦へKO勝利誓う

[ 2016年7月2日 05:30 ]

東洋太平洋フライ級王座に挑む比嘉(左)と王者ディアレ

 ボクシングのWBC世界ユースフライ級王者・比嘉大吾(白井具志堅)が2日、後楽園ホールで東洋太平洋同級王者アーデン・ディアレ(フィリピン)に挑戦する。

 沖縄出身の比嘉は元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高会長の秘蔵っ子でデビュー9戦連続KO勝ちの20歳。前日計量をリミットより100グラム軽い50・7キロでパスし「東洋太平洋を獲らないと世界(挑戦)はない。勝つならKO」と訴えた。具志堅会長も「来年には世界戦をやらせたい」と期待した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2016年7月2日のニュース