PR:

37歳石田 初のKO負け…WBAミドル級王座奪取ならず

WBAミドル級世界戦で敗れた石田順裕

 ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチは30日、モナコのモンテカルロで行われ、挑戦者でWBAスーパーウエルター級元暫定王者の37歳、石田順裕(グリーンツダ)は王者のゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)に3回KOで敗れた。初のKO負けだった。

 1回は互角に打ち合ったものの2回に守勢となり、3回に右フックを浴びてダウンした。35戦24勝(9KO)9敗2分けで、ゴロフキンは7度目の防衛成功で26戦全勝(23KO)となった。

 石田は日本ボクシングコミッション未公認だったWBOミドル級タイトル挑戦のため、昨年4月に引退届を出した。その後ライセンスの再交付を申請し、ジム復帰が3月15日付で認められた。

 ▼石田順裕の話 相手が強すぎた。距離の取り方がめちゃくちゃうまかった。訳が分からないうちに終わっていた。逃げるつもりはなかった。リングの中央でやるというのは決めていて、それは実行できた。やるだけのことはやった。(共同)

[ 2013年3月31日 11:12 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:11月14日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      RIZIN

      立ち技系格闘技

      総合格闘技

      UFC

      コラム