内藤、乱入!「夢かなえてやる」挑戦権強奪を宣言

[ 2012年5月28日 06:00 ]

 6月16日の新日本プロレス大阪大会でベルトをかけて対戦するIWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカと棚橋弘至が8人タッグで激突。オカダが勝利したものの、試合後に内藤哲也が乱入し棚橋と対峙(たいじ)。「挑戦者は棚橋に決まったが俺は諦められない」と挑戦権の強奪を宣言した。

 息巻く内藤は「俺の夢は20代で王者になることだ。その夢は絶対にかなえてやる。そのやり方も分かっている」と、強硬手段に訴えてでも棚橋から挑戦権を奪い取る覚悟だ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2012年5月28日のニュース